チャップアップは30代・40代に効果があるか?徹底分析!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛剤特集「チャップアップは30代・40代に効果があるか?徹底分析!」|イメージ画像

男性の場合、30代前後から薄毛や抜け毛を気にしだす人が増えていきます。

そのせいか、育毛剤や発毛剤の利用者も30代から多くなっていきますが、男性用育毛剤の中でダントツの人気を誇っているチャップアップは、年代ごとに効果は変わるのでしょうか?

今回は30代・40代に対してチャップアップは効果があるのか、について検証していきたいと思います。

キャンペーン

◆口コミ評判の高い育毛剤ランキング

人気&オススメ商品 満足度(口コミ件数)
プランテルEX
プランテルEX
満足度4点/5点満点 4.16点 /5点満点

口コミ:15件
詳細
フィンジア
フィンジア
満足度4点/5点満点 4.03点/5点満点

口コミ:33件
詳細
チャップアップ
チャップアップ
満足度4点/5点満点 3.95点/5点満点

口コミ:48件
詳細

 

チャップアップの特徴・値段

チャップアップ
最初にチャップアップの基礎情報(特徴・価格)を確認しましょう!

チャップアップの特徴

・日本で1番売れた育毛剤
・永久返金保証書付(全額返金)
・定期便で最大61%OFF
・頭皮に特化した「天然成分55種類+アミノ酸15種類」を厳選配合

チャップアップの価格

・単品:7,400円(育毛ローション)
・プラチナ:8,800円(育毛ローション+育毛シャンプー)
・プレミアム:12,370円(育毛ローション+育毛シャンプー+育毛サプリ)
特徴と価格の詳細

AGAは40代から急増する!?

チャップアップの利用者は30代が27%なのに対し、40代になると40%と年齢別の割合ではトップとなっています。

年齢的に仕事で管理職になっている人も多く、AGA以外にもストレス、頭皮環境の悪化などといった影響にプラスして加齢によるも影響も出やすくなってきます。

男性も女性のように「更年期」があるんです。一般的に男性の更年期は55~65歳と言われていますが、最近は若年化の傾向にあり早い人だと40代で更年期を迎えます。

更年期になるとホルモンバランスが崩れ、AGAが起きてしまうこともあるんです。

これらの理由から、40代の薄毛や抜け毛が急増し、チャップアップの利用者も40代が多くなっていると考えることができます。

育毛を始めるなら30代のうちに!

40代になるとストレスや生活習慣のほかに、加齢による影響も大きくなることから、薄毛や抜け毛対策は30代から始めるのがよいと言われています。

元気で丈夫な髪の毛の寿命は平均すると約5年ですが、薄毛や抜け毛で抜けてしまった髪の毛の寿命は約2年と言われています。

薄毛抜け毛の症状がでてくると、髪の毛が生えてくるサイクルよりも抜けるペースが速くなってしまい、育毛が追い付かなくなってしまうのです。

40代と比較すると30代のほうが加齢的な影響を受けにくく、髪の毛のサイクルなどを整えやすいです。早い段階でケアすることにより、髪の毛の育毛サイクルを正常に戻して寿命を戻すことが可能になるのです。

30代は40代と比べると細胞組織も元気なので、頭皮環境も改善しやすいというメリットがあります。

40代から始めると手遅れ?

40代は30代と比べると、加齢による身体機能の衰えが現れ始める年代です。また今まで蓄積されたの食生活の乱れや睡眠不足、ストレスといったものが薄毛や抜け毛に与える影響も大きいです。

だからといって40代にチャップアップが全く効果がないというわけではなく、30代と比べると効果が出にくいというだけでです。

50代、60代と高齢でチャップアップを使い始めることを考えると、40代からでも育毛を始めるのは遅いという事はありません。

AGA専門クリニックに行かない理由とは?

「確実にAGAや薄毛・抜け毛を直したいのなら、専門のクリニックに行けばいいじゃない」と思う人は多いでしょう。

AGAや抜け毛・薄毛の治療は長期間に及び、内服・外用薬の場合なら4,000円~20,000万円程度で済むことが多いです。しかし育毛メソセラピーやHARG療法という薬を頭皮に注入して育毛療法を行うような治療を行うことになると100,000万円以上かかることもザラなんです。

植毛となると自毛と人工で料金は変わりますが、安くても250,000円、高いと1,000,000円以上かかってしまいます。

専門クリニックに行かない人の大半は、料金的なことを気にしていかない人が多く、その結果チャップアップのような育毛剤を購入し、自分で治療することを選択するのです。

リアップやプロペシアを選ばない理由

第一類医薬品の「リアップ」やAGA治療薬の「プロペシア」は育毛・発毛効果が高いと言われています。

チャップアップを利用している人は、AGA治療に効果の高いリアップやプロペシアをなぜ利用しないのでしょうか。

答えは「副作用」にあります。

◆リアップの副作用とは?

リアップの主要有効成分である「ミノキシジル」は、頭皮に対して刺激が強いため炎症を起こしたり、頭痛やめまいと言った症状が現れることがあります。リアップ販売元が公開している臨床実験データ上では、使用者の約8%に副作用が出ているのです。

リアップの副作用

皮膚に現れる症状:かゆみ、発疹、かぶれ、ふけ
神経系:頭痛、めまい、気が遠くなる
循環器系:頻脈(脈が速くなる)、胸の痛み
代謝:手足のむくみ、体重増加

副作用の中でも「かゆみ」、「かぶれ」、「ふけ」といった症状が現れる確率が高く、リアップを使用した人の中でかゆみは全体の4%となっています。ついで、かぶれ、ふけの順に多く、リアップの副作用で現れやすいのは、頭皮に対して現れる軽度の症状と言えるでしょう。

◆プロペシアの副作用とは?

プロペシアの副作用で有名なのが「ED(勃起機能の低下)」です。その他にも「性欲減退」や「肝機能障害」などがあります。

このほかにもプロペシアには次のような重大な副作用が起こる可能性があります。

プロペシアの重大な副作用

・前立腺がん
・乳がん
・不妊
・アレルギー
・うつ症状
・ポストフィナステリド症候群

プロペシアで一番怖いのは「ポストフィナステリド症候群」でしょう。「ポストフィナステリド症候群」はプロペシアに含まれているフィナステリドの使用をやめた後でも、副作用が残り続けるというものです。

ポストフィナステリド症候群は日本では知名度が低いですが、海外では注目されています。海外ではポストフィナステリド症候群で悩まされている人々のために財団が設立され、集団訴訟などに発展しているのです。

ポストフィナステリド症候群は効果的な治療法がないため、一旦症状がでるとプロペシアの使用をやめた後も、後遺症に悩まされる一生を送ることになるのです。

◆チャップアップは副作用がない

医薬部外品のチャップアップは、リアップやプロペシアと比べると副作用がないとされています。

チャップアップの使用成分は、天然由来の55種類の成分と、15種類のアミノ酸です。使用している成分に対してアレルギーがない限りは、副作用が出る心配がありません。

天然成分と聞くと、AGAに対する効果がないと思われがちですが、「オウゴンエキス」と「ヒオウギ抽出液」、「ノコギリヤシ」は、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)が作られるのを抑える効果があります。

オウゴンエキスはDHTの働きを77%ブロックするという研究データもあるため、30代、40代のAGAでも十分その効果を感じることができると言えるでしょう。

チャップアップの成分と効果は30代・40代にも有効!

チャップアップの成分は30代はもちろん、40代の薄毛や抜け毛に対して効果が期待できる成分が多いです。

【頭皮の血行状態を改善、頭皮や髪の毛に栄養を与えることのできる成分】
センブリエキス・塩酸ジフェンヒドラミン・海藻エキス(M-034)

【AGAに対して有効な成分】
オウゴンエキス・チョウジエキス・ヒオウギ抽出液・ビワ葉エキス

【頭皮の老化予防や細胞の抗酸化作用を持つ成分】
ローズマリーエキス・ゴボウエキス・ウメ果実エキス・クロレラエキス

血行改善効果のある海藻エキス(M-034)は、リアップの主要成分である「ミノキシジル」とほぼ同じ効果が期待できる成分といわていて、厚生労働省の認可を受けている成分でもあります。

チャップアップの成分は「頭皮環境の改善」効果があるものが多く、年齢を問わず効果を期待することができると言えるでしょう。

チャップアップは30代・40代にもオススメな育毛剤!

チャップアップの成分は、30代・40代にも効果が期待できる成分が多いです。AGAに対する効果のある成分も含まれているため、年齢を問わず使用できると言ってもよいでしょう。

医薬品であるリアップに含まれている「ミノキシジル」とほぼ同等の効果のある海藻エキス「M-034」も含まれています。

頭皮に対して刺激の少ない「天然由来成分」と「アミノ酸」が主要成分なため、副作用もほとんどありません。

これらのことからチャップアップは30代・40代にも効果があると言えますし、おすすめの育毛剤という事ができます。

■チャップアップ

チャップアップ

チャップアップの公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP