育毛剤徹底比較&ランキング!人気のある育毛剤10選の評価は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛剤特集「育毛剤徹底比較&ランキング!人気のある育毛剤10選の評価は?」|イメージ画像

育毛剤を選ぶときにネット上で調べてみても、「良いことしか書いてないけど本当?」と思われたことはないですか?悲しいことにインターネット上には自身の売上だけしか考えていないサイト(業者)がたくさんあります。

本気で悩んで調べている人には本当に迷惑な話です。育毛剤ナビは長年育毛剤について研修をしている上で、実際の利用者の口コミ体験談などを掲載し、悩んでいる人が本当に役立つ育毛剤を選びたい方が参考になるようなサイト作りを心掛けています。

通販サイト上で出回ってる育毛剤の数はゆうに100種類を超えていますし、年間何十種類の新しい育毛剤が誕生しているのが現状です。

そんな情報が溢れている中、1人でも多くの方が育毛剤選びに困らないように「最新の情報を分かりやすく解説」することをモットーに育毛剤ナビを運営していきたいと思っています。ここでは育毛剤の基礎知識から育毛剤の選び方、利用者からの評価が高い育毛剤など悩みや特徴に分けながら解説していきます。

誰にでもオススメできる育毛剤

育毛剤を選ぶのって意外と面倒ですよね?長年、育毛対策をしている人であれば、「次はあの成分を試してみようかな?」「この育毛剤は○○が入っているから試す価値あるかも?」という選び方ができますが、育毛剤初心者の方は選ぶのが大変・面倒という話をよく聞きます。

ですので、ここでは比較的誰にでもオススメできる育毛剤を紹介します。

紹介する育毛剤は2017年、利用者からの満足度が高く人気だった商品です!

フィンジア
チャップアップ
イクオス
この3つです。(クリックすると各育毛剤の詳しい解説や口コミを確認することができます)

フィンジアは成分(キャピキシル5%、ピディオキシジル2%)が注目されており、チャップアップは年間の利用者(販売本数)が圧倒的に多く、イクオスは独自の配合成分アルガス2が注目されています。

もし、育毛剤が多くて悩んでいるのであれば上記の3つの中から育毛剤を選んで試してみると良いでしょう。

・フィンジアの特徴

フィンジア

キャピキシル5% ピディオキシジル2%
カプサイシンを独自配合


・チャップアップの特徴

チャップアップ

永久返金保証書付!(全額返金)
天然成分55種類+アミノ酸15種類!


・イクオスの特徴

イクオス

成分が31種類→61種類に増加!
独自の配合成分アルガス2に注目!

数ある育毛剤の中からどうやって選べばいいか?

育毛剤を選ぶときのポイントをまとめてみました。

育毛剤の正しい選び方

・症状や悩みにあった育毛剤を選ぶ
・続けられる価格のものを選ぶ
・副作用など利用者の口コミをチェック
・とりあえず3カ月使ってみる
順番に説明していきましょう!

自身の症状や悩みにあった育毛剤を選ぶ

これが1番大事なポイントです。各育毛剤の特徴は様々で、年代(10代、20代、30代、40代、女性)、悩み(抜け毛が多い、髪の毛が細い)、症状(M字薄毛、O字薄毛、U字薄毛など)など期待できる効果も各育毛剤によって違います。

例えば、生活習慣病で抜け毛が多くなってしまっている人、家系的に薄毛が多い人、年齢的に徐々に薄くなってきてしまった人、など症状も人それぞれです。

まずは自分が何に悩んでいるのかをしっかるり把握することが大切になってきます。「インターネットで評判が良さそうだから」「ネット上でよく見るから」などの選び方だとなかなか効果が出ない可能性もありますので注意して下さいね!

続けられる価格を選ぶ(無理をしない)

無理をしないことも大切です。育毛剤は単発で効果が出るわけ出はないので、続けられなくては意味がありません。まずは続けられる範囲の育毛剤を選びましょう!

副作用など利用者の口コミをチェック

先輩たちの声を確認することも大事です。今まで使った人がどういう効果が出ているのか、どういう不満を持っているのか、どんな症状に効いているのか…リアルな口コミを参考することによって、自分の悩みや症状に効果が期待できる育毛剤を選ぶことができます。

最近は、良い内容ばかり並べているステマ的な口コミサイトも増えてきているので注意して下さい。(良い口コミしか並んでいないサイトの情報は怪しいと思った方が良いでしょう)

とりあえず3カ月使ってみる

先ほども話をしましたが、育毛剤は即効性があるものではありません。もし、即効性を求めるのであれば医薬品部類の育毛剤やAGAクリニックで処方される薬を飲むなどの対策が良いでしょう。

但し、効果が強いので副作用の可能性もありますのでどんな副作用が起こる可能性があるのかしっかり確認したうえで選びましょう。

育毛剤の基本情報(発毛剤との違い)

まず、育毛剤と発毛剤の違いはご存知でしょうか?

育毛剤(医薬部外品)

・髪を生やすのを助ける(促進)
・髪を育てる(育毛)
・抜け毛予防(脱毛予防)

発毛剤(医薬品)

・髪をはやす(発毛)
・髪を育てる(育毛)
・抜け毛の進行抑制(進行予防)

育毛効果や脱毛予防効果はどちらも同じですが、発毛効果は発毛剤だけの特徴と言えるでしょう。

また副作用についても注意が必要です。発毛剤(医薬品)に該当するものは副作用の注意書きが必ずあり、効果が高い分副作用の可能性も高くなります。一方、育毛剤(医薬部外品)は効果が穏やかではありますが、副作用はほぼないと言われています。

・副作用は極力避けたい
・髪の毛の育毛を始めたい
・できるだけ安く、今すぐ対策を始めたい

こんな方は育毛剤(医薬部外品)から始めることをオススメします。育毛対策を初めてやる方も育毛剤から始めると体への負担も少ないでしょう。

・育毛剤では効果なかった
・副作用よりも髪の毛を生やしたい

こんな方は発毛剤(医薬品)やAGAクリニックを検討するといいでしょう。

育毛剤・発毛剤にはそれぞれメリットとデメリットがありますので各特徴をしっかり把握した上で使用することをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP