育毛剤ナビホーム > フィンジア(finjia) > ミノキシジルの副作用と効果を解説!医療成分でも安心できない理由とは…

ミノキシジルの副作用と効果を解説!医療成分でも安心できない理由とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛剤特集「ミノキシジルの副作用と効果を解説!医療成分でも安心できない理由とは…」|イメージ画像

ミノキシジルは男性型脱毛症(AGA)の治療薬として、医療認定されています。日本で発毛効果が認められ、医療認定されている成分はミノキシジルとフィナステリドだけなのです。

「医薬品認定されているくらいだから効くの?」

と、思ってしまうけれどそれくらい強い薬なのではないか?と感じます。
そこで、ミノキシジルの発毛効果と副作用を徹底分析しました!

「医療認定されている」ミノキシジルの効果って?

ミノキシジルは、血圧を下げる飲み薬(経口血圧降下剤)として開発された薬品です。

毛細血管を拡張させて、血圧を下げる効果が期待されていましたが、副作用として多毛症の報告があったのです。外用薬として頭皮に使用してみると、男性の薄毛に効果があり、研究の結果、育毛剤として使用されるようになりました。

医薬品なんでしょ? 成分が強すぎて、副作用も気になるけど…

確かに、医薬品なので使用出来ない人もいるし、市販されているのは、現在リアップだけです。

数多くの育毛剤は医薬品ではないために、ミノキシジルは使用できません。また“発毛が認められる”というフレーズも医薬品でないと言えない為に、CMでは『リアップは唯一発毛効果が認められている育毛剤です』と断言しているのです。

一方で、医薬品に指定されているために使用できない人もいます。

ミノキシジルが使用出来ない人
・高血圧の人
・高齢者
・不整脈がある人
・腎臓や心臓に疾患がある人

などが挙げられます。

それに、市販されているものではミノキシジルの含有量が少ない。
そしてコストもかかるというデメリットもあります。

ミノキシジルだけでは効果は出ない?他と併用するコツ

ミノキシジルは血流を改善して育毛作用を促すというもので、単体で使用するよりも併用することでより育毛効果を実感することが出来ます。

併用におすすめしたい成分は「プロペシア」

プロペシアは前立腺肥大の薬として開発され、男性ホルモンに働きかける効果があり、薄毛の原因となるホルモンに作用してくれます。

ただ、ミノキシジルとプロペシアの両方が入っている育毛剤はないので、同時に2つの成分を併用することで効果的なのですが、気になるのはプロペシアの副作用です。


プロペシアの副作用

頭痛や吐き気、胃の不快感など、色々な医薬品でよく出るような副作用の他に、プロペシアで注意したい副作用は、性機能障害があります。

育毛剤の副作用でも、下のほうに副作用が出ちゃうの?

服用を続けて、EDになってしまうケースもありますし、 妊娠を望んで服用をやめてすぐEDが治ったという例もあります。

誰でも副作用がでてしまうわけではありません。しかしながら、副作用が出てしまう可能性があるということを認識をしてから使用することをオススメします。

「医療認定されている」ミノキシジルの効果って?

ミノキシジルを使用してみたい…だけど気になるのは副作用ですよね。

ミノキシジルは副作用が多いと聞いたけど?

ミノキシジルが含まれるリアップX5では、副作用率8.7%!
基本的に医薬品である以上、高い効果と引き換えに副作用もあるということなんです!

ミノキシジルにみられる副作用には、
・かゆみ
・発疹
・熱化
・フケ、頭皮の異常

上記のような疾患を中心に副作用の報告が多くなっています。
頻度は低く、ミノキシジル使用が原因かどうかの関係性がはっきりしていませんが、
心不全やアナフィラキシー反応、肝機能異常などの報告例もあります。

ミノキシジルを使用したら、余計ハゲたんですけど…
さらに薄毛が加速してしまったと思いました。

それは、「初期脱毛」と呼ばれる現象です。
中には、初期脱毛がひどすぎて、使用しなければよかったと後悔する人もいます。

ミノキシジルは髪の毛のサイクルを整えつつ、育毛を促進させるというもの。
つまり、初期脱毛があるということは、ミノキシジルがしっかり作用しているのです!

発毛サイクル

約3ヶ月間の発毛サイクルが繰り返され、休止期の髪の毛は成長期で抜けていきます。

そして新しい毛が生えてくるのですが、ここで上手く生えてくる毛が促進されないと抜け毛だけが進み、薄毛へと進行してしまうのです。

でも抜けてしまったら意味がないのでは?

初期脱毛には個人差があり、まったく抜けなかったという人もいます。

ただ、使い続けないと効果がないので、コスト的に負担になることが多いと言われています。どちらにしてもまずは、根気よく使用することが大切です!

「発毛」の文句に踊らされず、賢く育毛剤を選ぶコツ

医薬品として発毛効果が実証されたミノキシジル配合されているリアップですが、医薬品である以上、他の育毛剤と比べて副作用や体質によって合う・合わないがはっきりしている製品です。

市販で購入出来きますが、購入時には薬剤師から説明を受ける必要があります。

育毛剤体験談~30代男性~

てっとり早く発毛を!と思い、調べると医薬品配合でも手軽に手に入るリアップを購入しました。 使用するとすぐに、頭皮がジンジンと熱くなり、ほてりと痛みが気になりました。

その後数回使用しても変わらず、段々頭皮のかさつきと抜け毛が気になり使用を辞めました。 使用してからあんなにごっそり抜けると思わなかったし、育毛剤がトラウマです。

この方のように、育毛ケアを始めるのならリアップは少し扱いにくいかもしれません。

リアップを否定するつもりはありませんし、他の育毛剤に比べて効果が高いのも事実です。ですが、副作用が起こってしまう可能性があるということをきちんと理解してから使用をしましょう。

副作用が気になってしまう方は、リアップなどの医薬品ではなく、
医薬部外品の育毛剤を使用することをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP