育毛剤ナビホーム > チャップアップ > M-034は育毛効果がある?本当に「厚生労働省が認可」なのか?徹底分析!!

M-034は育毛効果がある?本当に「厚生労働省が認可」なのか?徹底分析!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛剤特集「M-034は育毛効果がある?本当に「厚生労働省が認可」なのか?徹底分析!!」|イメージ画像

M-034が育毛に効果があるのか、徹底検証

チャップアップ、BUBKA、イクオス、マイナチュレなど、人気のある育毛剤に配合されている成分、M-034。
発毛効果のある医薬品配合成分・ミノキシジルと同等の効果があると言われ、育毛剤ではM-034が入っているかどうかで検討する人も多くいます。

しかし、世の中に溢れる様々な育毛剤ランキング・口コミサイトでは、過大な広告が溢れており、「どのぐらい効果があるのか」「厚生労働省も認めた育毛成分とは本当か」、疑問を抱いている方も多いのではいでしょうか。

今回の特集記事では様々な角度からM-034について調べ、徹底検証をすすめます。

「厚生労働省も認める」といった表記に誤解するな!

検証1:M-034は育毛効果があるって厚生労働省が認めてるらしい!
あちこちのサイトで見るし、これってスゴいんでしょ?

様々なサイトで「M-034は、厚生労働省に認められた育毛成分」と表記されていますが、この表記、実は間違ってます。

正誤比較

厚生労働省として認められているのは、医薬部外品としての発売、ということ。

医薬部外品(薬用とも表記される)の育毛剤は、世の中にたくさん存在しているのに、それをあたかも「厚生労働省に認められた」とスゴいことのように表記して、「なんだか知らないけれど効果がありそう」と思わせてるんです。

「厚生労働省に認められた=すごく効果のありそう」、という印象を受ける消費者の気持ちを利用したトリックです。

M-034もとい海藻エキスは、医薬部外品に含まれるのは認められてますが、育毛効果がある有効成分としてではなく、その他の成分として扱われています。

これは、副作用がないので医薬部外品に入れてもいいですよ、というのが厚生労働省の姿勢だからです。

参照:医薬部外品の添加物リストについて

確かに、「厚生労働省に(配合を)認められて」はいるんですけどね……

つまり「M-034は、厚生労働省に認められた育毛成分」と書いているサイトは、
M-034配合の育毛剤を売りたいがために過剰な表現をしているので、信用しすぎてはいけないのです。

誤った表記に騙されないように!!!

検証結果1:
「M-034が厚生労働省に認められた育毛成分」というのは、言い過ぎ。

・厚生労働省の認可=医薬部外品のことで、世の中の多くの育毛剤が当てはまる。
・M-034含む海藻エキスは、副作用がないので医薬部外品に入れることができる。

この2つを過剰に言い換えた表現に惑わされないで。

ミノキシジル V.S. M-034 比較検証してみた

でも、
検証2:M-034はミノキシジルと同等の効果がある!!!
…ってよく聞くよね。
ミノキシジルって医薬品に入ってるヤツでしょ?効果ありそう!!!!!

そもそも、ミノキシジルってどんな効果があるか知ってますか?ちゃんとミノキシジルの効果を理解しながら、M-034と比較してみましょう。

リアップなどに含まれる、有効成分・ミノキシジル。発毛効果があると承認され、医療機関で服用処方されることもあります。

そのミノキシジルとM-034が同等とされているのは、M-034を多く配合しているBUBKAによる実験結果によるものです。
以前BUBKAのサイトには、以下のグラフで比較された結果が発表されていました。

BUBKA実験結果グラフ
五厘刈り
グラフ右下をよく見てください!
五厘刈り(=ほぼ坊主・約2mm程度の刈り:写真参照)からどのぐらい毛が伸びか、何日で毛が延びたかという、
毛が延びる速度についてのグラフです。

確かにこのグラフは、育毛速度はミノキシジルと同等と言えるけれど……ミノキシジルに効果が認められている発毛効果があるとは限らない!!!!

実はこの実験では、生えてくるスピードに効果があっても、発毛効果があることを確かめられていないんです。

じゃぁ、M-034を選ぶメリットはないの?
せっかく手軽に買えると思ったのに…

メリットはもちろんあります!
ミノキシジルと比較され、支持されているのは、ミノキシジル利用を上回るメリットがあるから。


そもそも医薬成分と比較しても、効果が違うのは当たり前ですよ。副作用が出るぐらいに人体への影響が強いものなんですから…

ミノキシジルはもともと、高血圧を治療するために開発された薬です。副作用で発毛効果が認められ、発毛剤として使われるようになりましたが、含有量は日本のものでは5%以下と定められています。それは、血圧降下によるめまいや心臓への負担など、副作用があるため

また、薄毛進行を予防する効果はミノキシジルにはないので、プロペシアと併用されることが多いのですが、プロペシアにも副作用があり、勃起不全や性欲低下、そして女性には影響が大きすぎるため処方されていません。
つまり、医療機関による処方という信頼感はありますが、リスクもついてくるのがミノキシジルです。

それに対してM-034は、ミノキシジルのような発毛効果があるかは証明されていませんが、副作用はなく、薄毛進行の予防も期待でき、返金保障制度のある商品があるなど、ミノキシジルにはないメリットがあることが発表されています。

比較表

検証結果2:
ミノキシジルと同じ発毛効果があるかは証明されていないが、ミノキシジルには副作用がある。
M-034には、副作用がなく薄毛予防効果も期待されている


また、通販で手に入る、返金保障のある商品があるなど、M-034にはミノキシジルにはないメリットがあるため、選ばれている成分

毛根の仕組みから理解する、M-034の本質的な効果

検証3:結局、M-034はどんな仕組みで育毛に効果があるの?

……正直、副作用がないのはいいけど、効果もないと……

育毛のポイントを押さえながら解説しましょう!
育毛で大事なのは、
・今ある毛を抜けさせない
・毛を太く・強くさせる
・毛が生えやすくなるよう土台から整える

の3つです!

毛の仕組みは複雑ですが、M-034が生む2種類の要素は、毛をつくる機能に大きく関係しています。

まず一つは、抜け毛の原因である因子・FGF5にブレーキをかける因子・FGF5s(退行期誘導)の生成。

もう一つは、血管が生まれ変わる動きを促進させ育毛をうながす因子・VEGS(血管内皮増殖因子)を生成する。

この2つにより、毛が抜けることを押さえ、育毛を促進させることができるのです。

毛根
細胞を活性化させる働きもあるため、毛根に栄養を届けやすくなります。毛が太く上部に育つためには大事な要素です。

細胞活性化の効果はもう一つあり、毛根を支えている外毛根鞘とよばれる細胞を増殖させるため、毛根をしっかりと守り、より毛が抜けにくくなるのです。

ちなみにヒアルロン酸並みの保湿効果があることもわかっており、フケなどの原因である乾燥をおさえ、頭皮環境も整えます

実証1
出典:https://www.tenshindo.ne.jp/sauveur08/

検証結果3:M-034は、髪の毛を生成する働きを活発化させるので、育毛を促進し、脱毛を抑える効果がある。

細胞レベルで働きかけより栄養を届けやすくなるだけでなく、ヒアルロン酸並みに保湿効果も高くフケ予防もできる成分です。

…これだけ効果があって副作用がないので、育毛剤としては押さえておきたい成分なのは当然と言えるでしょう。

各商品から表記が撤退されている理由は?

M-034が毛にいいことはわかったけど、

検証4:M-034配合といわれてる育毛剤の公式サイトをみたら、M-034についてほとんど書いてないんだけど…

出てくるのは口コミや体験談サイトばっかり…やっぱり本当は効果ないんじゃ?

2011年~2014年ごろまでは、各社M-034配合を押してプロモーションしていました。

各社同じ成分を押してしいたのは、中身が同じだったから(OEM)。

しかし現在では商品が進化しているので、アプローチするポイントが変わってきたのが現実です。

2011年の4月に発売されたソヴール08という育毛剤があります。
ソヴール08は、M-034の効果を研究・開発し、ふんだんに取り込んだことが画期的な育毛剤でした。
実はこれが、チャップアップ、BUBKA、イクオス、マイナチュレなど人気育毛剤の元になっているOEM商品です。

そこで各社M-034をアピールした商品PRを進めていたのですが、2014年ごろから一変します。各社ソヴール08に自社オリジナルの成分を加え、独自路線をはじめたのです。その流れで、2014年9月にはBUBKAがM-034を60%増量・業界内で最大配合し、M-034といえばBUBKAといった打ち出し方になってきたのです。

そのため、他のソヴール08ベースでうまれてきた育毛剤では、M-034を押さずに、各自独自の成分・サービスをPRする流れが2014年以降強まっています。

以前の名残で、育毛剤について解説するサイトにはM-034についての情報を大きくあつかうところがいまだ多いですが、古い情報も多いので要注意です。公式商品サイトではM-034押しでなくなってしまったのが現状なのですから。

検証結果4:M-034配合は、今や当たり前

M-034に加えて保湿成分追加・ノンアルコールなど、各育毛剤は工夫をこらしています。総合的な成分を見て、育毛効果を検討することがいいでしょう。

M-034+αの成分で選ぶのが賢い選択

副作用がなく育毛効果を見込める成分として、M-034が配合されている育毛剤は、効果を期待して購入できる商品でしょう。

しかし、各商品が進化してきた現在、M-034配合だけでは育毛剤を選んではいけません。また、過剰にM-034を押している育毛剤解説サイトは、情報が間違っている・情報が古いケースが多いので、信用しすぎないようにしましょう。

自分の育毛原因・ライフスタイル・予算に合ったM-034配合の育毛剤はどれか、比較して選ぶことが大事です。
利用者の声や企業姿勢などの商品の背景も合わせ、しっかり検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP