育毛剤ナビホーム > マイナチュレ > 「つむじハゲ」で10年近く悩んだ30代女性の解決策

「つむじハゲ」で10年近く悩んだ30代女性の解決策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛体験談「「つむじハゲ」で10年近く悩んだ30代女性の解決策」|イメージ画像


「女性の薄毛」という、世間では中々馴染みのないジャンル。

・いつ、薄毛が気になり始めたのか?
・どんな対策を行ってきたのか?
・対策をしてみて、どう思ったのか?


実際に薄毛に悩まれた方の体験談を聞いてみたいと思います。


登場人物

“育毛剤navi編集部 山田”/
育毛剤navi編集部 山田

頭頂部から薄毛になるタイプ。彼女いない歴4年。
“サチコ”/
サチコ

大阪在住の39歳。二児の母。
36歳で出産を機に会社を辞め専業主婦に。
現在は旦那さんの実家で暮らしている。
“山田1”/

自己紹介をお願いします!

“サチコさん”/

元々は不動産系の会社で8年、営業をしてきました。主に既存顧客を回る仕事で外出が多かったです。36歳で妊娠を機に退職、現在は夫両親、3歳になる子供と一緒に5人で暮らしています。

“山田5”/

どのような薄毛で悩んでいますか?また、それはいつから気になり始めましたか?

“サチコさん”/

いわゆる「つむじハゲ」というやつです。女性に多いらしいんですけど。
全体的に薄くなってしまうので上から見るとつむじの部分だけかなりハゲているように見えるんですよね。

気になり始めたのは30歳を過ぎてからです。暗めの茶髪にしていたのですが、ふと鏡を見たときに頭頂部が薄いことに気がつきました。
もともと頭皮が乾燥しがちで強い方ではなかったので、染めていたのが悪かったのかな?と、まずはそれ以降、髪を染めることをやめました。あとは対策しようと思ったのですが忙しくて…(笑)

“山田3”/

営業職って会社によりけりですが、本当にしんどいですよね…
髪の毛が染められないって結構、女性にとって辛いことだと思います。


皮膚科でのカウンセリングで、自分の頭皮の状態を知りました。

“山田5”/

いつ頃からちゃんと対策するようになったんですか?

“サチコさん”/

そこから結構期間が空いてしまったのですが、元旦那と交際を意識し始めた33歳の時にはもっと薄毛が目立つようになっていて。
日中に仕事をしているとかゆみが抑えられず、掻いてしまう→ジャケットにフケがつくの悩みが常につきまとっていました。

サチコさん頭頂部
サチコさん頭頂部
“サチコさん”/

女性の薄毛で皮膚科にかかるのは不安があったんですけど、薄毛専門のクリニックに行くのも抵抗があったのでとりあえず近所の皮膚科に行きました。
先生曰く、 私の頭皮は血流が悪いらしく、そのために頭皮の毛穴が詰まり、かゆみが出てしまっているとのこと。そして結果的には薄毛に繋がってしまっていると…

まずはとにかく頭皮の状態を改善しなければいけない。ということで、カウンセリングの後に簡単な頭皮マッサージを教わりました。
入浴中にも自分でできるようになり、シャンプーのコツも分かっていて、かゆみに関しては圧倒的に抑えられました。
その時点では、特に髪が伸びた、とか髪の毛のボリュームが増えた、とかはなかったです。


女性として、仕事と恋愛のどちらでも、薄毛を気にする瞬間はありました。

“山田5”/

何故薄毛対策をしたいと思いましたか?

“サチコさん”/

頭頂部の薄毛が気になるようになってから、営業で訪問する際にお客様にお辞儀をする時に、無意識に浅めにしていたのを気付いたからですかね。
あとは今の旦那との付き合い始めに、ヘアアレンジをしようとした時の「コレジャナイ感」と言いますか…笑
その時に本格的に対策をしよう!と思いました。結果的には皮膚科に行って満足してしまいましたが。

“山田2”/

薄毛対策を選んだポイントを教えてください!

“サチコさん”/

とにかく肌が弱いので、成分に問題がなさそうなものを選びました。後は海外製は効きそうですが肌に悪そうで、国内製のものを選ぶ基準にしています。
2〜3年前からなのですが育毛剤は知識がないまま始めてみるのが怖かったので、とりあえず育毛シャンプーの「プロピア・プログノシャンプー」から使っています。値段も安いので現在も使い続けています。

最近は並行して育毛剤を使い始めて、ベルタ育毛剤を使っています。
こちらは他と比べて成分が多く入っていたことと、圧倒的に某サイトで口コミが多かったこと、見た目が育毛剤っぽくなくて可愛く気に入った、というので使っています。

“山田1”/

女性ってパッケージの見た目はやっぱり重要ですよね!結果はどうでしたか?

“サチコさん”/

育毛シャンプーは頭皮の調子が良くなったかな、と言うレベルでした。かゆみは特に出なかったのですが、それは頭皮マッサージの甲斐あってなのかもしれないです。
なので、「生やすぞ〜!」という目的で、最近ベルタの育毛剤を使い始めた感じです。
1日1回ずつ、寝る前につけていますが、匂いも少しアルコール臭がある程度なので使いやすいです。

ただ効果となると、使い続けて4か月くらい経ちますが、こちらも生えたという実感はないですね。
それよりかは、頭皮の調子がシャンプー単体の時よりもさらに良くなったのと、生えている毛がよりしっかりしてきた実感はあります。
ドライヤーでセットする時に髪がしっかりと盛り上がるようにもなりました。

もう39歳にもなると、生やすのを目的とするより、
「薄毛の進行を止める」を目的とした方がいいのかな、という気になりました。


もっと早めに対策をしていればよかったのではないか?という後悔

サチコさん正面写真
サチコさん正面写真
サチコさん正面写真かきあげ
搔き上げると顕著に薄毛になっている。普段から分け目を変えたりと意識をしているそう。
“山田5”/

なるほど、期間を開けて対策してるうちに「現状維持」がベストになってしまったのですね。結構そういう人、いらっしゃいます。

“サチコさん”/

とりあえず髪の毛の色を黒髪に戻し、やろう、やろうと思っているうちに月日が経ってしまいました。
もともとの体質、頭皮の状態の問題もあると思うんですけど、もう少し早めに皮膚科に行って、しっかりと自分で何をするべきか分かっていれば。最初から育毛剤を併用していれば、ここまで薄毛が進行することはなかったのかな、と少し後悔をしています。

今、やっと子育てに余裕ができてネットを良く見るようになったのですが、一番悩んでいた時に情報収集できていたら…と思います。

営業をしていた時は特に激務とかではなかったのですが、運動もしてないし甘いものばっかり食べていたのでその生活習慣も問題だったかなと。

専業主婦となった今となっては、あまり外に出て何かをする機会もないので、人の目を気にすることはないのですが、
今後あるであろう子供の授業参観とかにはやはりウィッグつけていかないとな〜(笑)とかは思いますし、ここで対策をやめると女性として負けだなと思うところもあります。

“山田3”/

授業参観…!それはもうお母さん同士がお互いをめちゃくちゃ見ますもんね。

“サチコさん”/

「女性の薄毛」というと、結構恥ずかしくて、なかなか本格的な対策には踏み込めないという方いらっしゃると思います。

でも気付いた時に行動しないと、どんどん進行してしまってある程度諦めないといけない段階になってしまうので、ぜひ早めの対策をお勧めします!

“山田2”/

最後に。育毛剤対策にいくらまでお金をかけられますか?

“サチコさん”/

今かけているのが大体月に8000円くらいなので、結婚前に、薄毛対策を色々知っていたら2万くらいまではかけてもいいかなと思っています。もう遅いですが…
先ほども言いましたが、今はあくまでも現状維持。色々と試しましたが、生やすというよりも今ある髪の毛を一本一本大切にしていければと思います。
逆に今からでも生えるものがあったら教えてください(笑)

“山田1”/

ありがとうございました〜!

まとめ

“山田2”/

女性の薄毛の大半は「びまん性脱毛症」というもので、男性のAGAと比べ、頭が全体的に薄くなっていくタイプの薄毛です。今回のサチコさんもそれにあたります。
髪って、ロングヘアだったり、ヘアアレンジだったり。「女性らしさ」を形成する上で重要だと思うんですよね。
でもやはり、サチコさんの言う通り「恥ずかしさ」が薄毛対策の弊害となる場合は多いです。

その人だけでなく、皆悩んでいます。「最初からしっかり薄毛対策をしていれば」と後悔することのないように、まずは一度、前向きに取り組んでみてはいかがでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP