育毛剤ナビホーム > フィンジア(finjia) > 若ハゲ予防と対策。若ハゲや薄毛になりやすいタイプを徹底解説!

若ハゲ予防と対策。若ハゲや薄毛になりやすいタイプを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛剤コラム「若ハゲ予防と対策。若ハゲや薄毛になりやすいタイプを徹底解説!」|イメージ画像

若くして異常なほど薄毛が進行してしまう男性を一括して「若ハゲ」と呼んだりしますね。

若ハゲは男性にとって恐怖の存在。
どうしたら若ハゲにならないように頭髪をしっかりキープできるのでしょうか?

今回は若ハゲの原因や予兆、そして若ハゲにならないための予防対策を伝授していきます!
少しでも頭髪に懸念がある方は…しっかりこの記事を読んで若ハゲ回避できるようにしてくださいね。



どうして若ハゲになる!?その原因とは

若ハゲ

10代・20代で頭髪のスカスカ具合が目立ってきてしまっている方は、近い将来若ハゲになってしまう恐れがあります。

いや、もうすでに若ハゲに片足を突っ込んでいるといっても過言ではありません。若ハゲになってしまう原因は人それぞれですが、大きく分けて2つに分類することができます。

・遺伝からくる薄毛
・生活環境からくる薄毛

まず真っ先に考えられるのは遺伝が原因になっているということ。男性の頭髪の遺伝子は主に母親の血筋から受け継がれると言われていますから、お母さんのご両親…
つまり母方のおじいちゃん・おばあちゃんが薄毛だったら要注意です。

若ハゲになる可能性がぐっと上がってしまうでしょう。自分の父親がフサフサだからといって安心してはいけませんよ!ハゲに関わってくるのは「隔世遺伝」なのです。

隔世遺伝なので、お母さんの父親の頭皮の状況を知ることが大事と言われています。

そして次に考えられるのが生活環境

これは次章の「若ハゲになりやすい人の特徴」にもつながっていきますが…生活リズムや生活習慣が乱れている男性は、若くても頭皮環境が悪化して若ハゲになるリスクが高まります。

以上2つの原因の根本には、男性ホルモンの分泌過多という背景があるようです。

結局は男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン(DHT)」が脱毛のファクター(要因)になってハゲを促進していきます。遺伝が原因でも生活環境が原因でも、体内の男性ホルモンの分泌が異常かつ若くして多くなってしまうと若ハゲは生まれてしまうのです。

生活習慣は気を付ければ治せます!特に食事、睡眠、酒、たばこを改善するべし!

若ハゲの大敵は食生活の乱れ・睡眠不足・ストレス

若ハゲに悩む

生活習慣の乱れが原因で若ハゲになってしまう男性に共通しているのが、
「食生活の乱れ・睡眠不足・ストレス」のいずれか…

またはすべてが生活の中に存在しているということです。この3つは男性ホルモンの分泌を狂わせて、皮脂をたくさん発生させるようにしてしまいます。

皮脂が増えすぎると頭皮環境が悪くなって、薄毛が促進されてしまうのです…。自分の生活を振り返ってみて、どれかが該当する場合はできるだけ早めに改善した方がいいです。

【ハゲやすいタイプかも?生活習慣チェック】

□ 寝るのが毎日夜中の12時を超える
□ 週3回以上はお酒を飲む
□ 1日10本以上のタバコを吸う
□ 脂っこい食べ物が好き
□ 髪の毛を洗わない/洗いすぎる
□ キレイ好きで几帳面
□ 性格が真面目

キレイ好きで几帳面、性格が真面目なタイプはストレスを感じやすいので、ハゲやすいとも言われています。

3つ以上当てはまったら、ハゲ対策をした方がいいでしょう!
睡眠、お酒、たばこ、脂っこい食べ物…4つも当てはまってしまった…

薄毛になる前の予兆って?

まず薄毛になる予兆として多いのが、フケが出たり頭皮が痒くなったりすること

これは現在使っているシャンプーだったり育毛剤が頭皮に合っていないことが原因になっています。そのまま頭皮ケアアイテムを使い続けていると、おそらく頭皮環境はどんどん劣悪になって若い人でもハゲに陥ってしまうでしょう。

頭皮から出るフケの量や痒みにはできるだけ敏感になってください

また抜け毛の状況も随時チェックしておきたいところです。
抜けた毛の毛根部分に注目してみてください、どんな形になっているでしょうか?

抜け毛の毛根の形はチェックしたことがなかった!
毛根

実は健康な毛というのは毛根部分が丸みを帯びているんです。
丸みがまったくなく、すっと普通の毛先のようになっている人は髪の毛が不健康状態になっている可能性大!これも薄毛の予兆として覚えておきたいところですね。

もう一つ抜け毛チェックの項目として大切なのが、抜け毛の長さです。
あまりにも短い毛がたくさん抜けている方…若ハゲへのプロローグですからご注意を!

短い毛というのはまだ成長途中の毛、抜けるべきでない毛が抜けているということはやはり頭皮になんらかの問題が発生している証拠です。抜け毛の長さチェックも頻繁に行うようにしましょう。

抜け毛の長さと毛根の形は常に注意をしておきましょう!

遅くない!今からできる予防対策

若ハゲにならないように、少しでも早く対策を始めるのがベターです!

まずは自分の頭皮に合ったシャンプーや育毛剤を使用するようにしましょう。広告などで大々的に宣伝をしているものを選ぶ、ということよりも自分と相性のいいシャンプー・育毛剤を使用することが最も重要です。少しでも違和感を感じたら使用を中止しましょう。

育毛剤やシャンプーを選ぶ時のポイント

①期間を決めて使ってみる(使ってみないと分からない)
②成分もしっかり確認をする
③実際に使った人の口コミを参考にする
まずは使ってみて自分に合っているかを見極めるのが大事!!

そして男性で気にしている人が少ない紫外線、この紫外線も若ハゲを形成する要因になっていきます。春先から紫外線量はぐっと増え出すので外出するときは帽子をかぶるようにするとGOODです!

「帽子をかぶってたら蒸れて逆にハゲそう~」と思われがちですげ、そんなことはありません。むしろ汗で蒸れることより、紫外線に頭皮をさらしてダメージを受ける方が若ハゲになりやすいのです!

生活習慣の見直しもキーになってきます。油っこいものや外食はできるだけ避けて、栄養バランスのとれた食事をすること。

そしてストレスを溜めない、たまったら運動などで逐一解消していくことをおすすめします。喫煙も頭皮環境を悪くするので、若ハゲを予防したいのであればタバコもやめましょう。

若ハゲは毎日の積み重ねでいい方向へも悪い方向へも転がります。些細なことですが、少しずつ若ハゲ対策を実施していくことで薄毛を食い止めることができると思います。

紫外線なんて気にしたことなかったな…帽子はマストアイテムだね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP