育毛剤ナビホーム > フィンジア(finjia) > ドラッグストアの育毛剤は本当に発毛や育毛効果があるのか?

ドラッグストアの育毛剤は本当に発毛や育毛効果があるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛剤コラム「ドラッグストアの育毛剤は本当に発毛や育毛効果があるのか?」|イメージ画像

育毛剤を使ってみたいな~と思いつつネットで買うのは信用できないからまずはドラッグストアなどで売っている有名どころの育毛剤を使ってみようかな…と思っている人も多いのではないでしょうか?

「ここの会社は大企業だから信用できる」
「どこのドラッグストアでもおいてあるから効果あるんじゃない?」

と考える人もいると思いますが…

『会社の知名度=効果が出やすい育毛剤』とは言い切れません。仕方ないかもしれませんが、人間は効果よりもその物の知名度の方が優先度を高くする傾向にあります。

とういうことは、知名度が高い会社が出していればある程度売れてしまうんです。
もちろん、効果が出る人もいれば出ない人もいます。

企業側は何%の人に効果があるなんて数字は出しませんし、ドラッグストアや薬局に置くだけでかなりの売り上げが上がってしまいます。今回は、ドラッグストアに売っている育毛剤は本当にオススメできるのかを徹底的に検証していきたいと思います。




なぜドラッグストアには有名会社の育毛剤が多いの?

ドラッグストア
そういえばドラッグストアに売っている育毛剤って有名な会社が出しているやつばっかりだよね?なんで?
答えは簡単で、『有名じゃないと売れないから』なんです。

反対を言えばネット上で売っている『無名の会社の育毛剤』はほとんどおいていません。要はドラッグストアは効果ではなく売れない商品はおかないという考えのもと品揃えをしている可能性が高いんです。

ってことは効果とか評判ではなく、知名度で判断してるってこと?

断言はできませんが、CMで流れている商品や広告費をバンバンかけられる商品を好んで店頭に並べる傾向が強くあります。

『売れればどんな商品でもいい…』これは当たり前のことなので仕方ありませんが、購入者側の私たちが商品に詳しくないと損をしてしまう世の中になってきているのです。

これは育毛剤に限った話ではありません。

だから知名度や広告数に惑わされないように購入者側が知識を身につけなければいけないのです。では、ドラッグストアに売っている育毛剤の代


NFカロヤンガッシュを徹底検証

ドラッグストア育毛剤1

【特徴】
・販売元は第一三共ヘルスケア
・塩化カルプロニウムという医薬品成分が入っている
・価格は7,200円(2ケ月分)

カロヤンガッシュは育毛剤の中でも数少ない一般用医薬品育毛剤です。

含まれている「塩化カルプロニウム」が第三類医薬品に含まれているために、
効果効能を感じやすいといった反面、副作用の可能性もゼロではありません。

やはり、効果だけで考えると医薬品の方がいいのか…
絶対とは言えませんが、効果が出る可能性が高いと言えます。

カロヤンガッシュは頭皮の血行をよくするような成分を配合した育毛剤です。
血行促進しながら頭皮環境も整えてくれるというのが特徴です。

主な成分

カルプロニウム塩化物:血行促進する働きがある

カシュウチンキ:頭皮に存在する無駄な脂質を除去してくれる

チクセツニンジンチンキ:毛根を刺激してくれる作用を持つ

とにかく頭皮環境が悪い!という方は、この育毛剤を日常使いしてまずは髪の毛を育てる環境を整えてください。頭皮が脂ギッシュだったり、かゆみが起こりやすい人に向いている育毛剤がこのカロヤンガッシュです。

副作用のことも気になるな~。

効果が強い分副作用の可能性もあります。


使用上の注意

これはカロヤンガッシュに書かれている注意点なんですが、使用者の中には痒みや痛み、刺激痛、かぶれなどが起こる可能性があります。

全体の1割弱なのでそこまで高い数字ではありませんが、副作用のポイントは把握しておく必要があります。ここまで説明をしても使っていいものか判断はしにくいところです。そういう時は実際に使っていた人の口コミを参考にしてください。

あれ?半数以上が効果がないって書いてある…

育毛剤は個人差があるために、効果がある人がいればいない人もいるのが事実です。
だから実際に使っている人の口コミを見るのが一番手っ取り早い方法なんです。

カロヤンガッシュは第三類医薬品の成分を使っているので、発毛効果は期待できますが、副作用がある分注意が必要です。それとリアルな体験者で「髪の毛が生えた」という口コミがほとんどないのも気になります。

ここまで使用者に結果が出てないと不安になりますね。

アデノゲン(資生堂)を徹底検証

ドラッグストア育毛剤3

【特徴】
・販売元は資生堂
・アデノゲンを配合(資生堂独自成分)
・価格は7,020円


アデノゲンシリーズは育毛剤の他にも育毛トニック、シャンプー、コンディショナーなどを展開しています。育毛剤の中でも知名度が高く、「使ったことがある」という方も多いのではないでしょうか?

こちらの育毛剤は「アデノシン」という成分に注目した製品、アデノシンには以下の2つの効果が期待できると言われています。

期待できる効果

①血行促進を頭皮環境を整える

②発毛成長因子を作り出して常に髪の毛が不足しない状態を維持する

③髪の毛を太く育てあげる
資生堂独自の成分って聞くと良い気がする!

アデノゲンは医薬部外品の為に副作用の心配はしなくて良さそうです。

しかし、アルコール関係が4種類も配合されており、他の育毛剤よりもアルコール量が多いのではと言われています。成分量は非公開の為に憶測ではありますが、使用感の「スー」っとした感じが強いことから多いと考えられます。

また薄毛の原因に男性ホルモンの増加があるのですが、そのホルモンを抑制するような成分は含まれていません。

ですから抜け毛を抑えるよりも発毛効果の方に注力している印象を受けます。


資生堂のみが使える特許成分が入っている点は期待できますが、アルコールが多いと考えられることなどから発毛効果があるかは微妙なラインです。

また実際の使用者の口コミでは、改善されたというよりも「抜け毛が減らない」「使っても効果を感じられない」など悪評が目立つのも気になります。

知名度だけで売れているという考えも否めませんね。

リアップを徹底検証

ドラッグストア育毛剤2

【特徴】
・ミノキシジルが5%配合
・育毛剤の中で最も有名
・累計4500万本も売れている
・価格は7,611円


日本で一番有名な育毛剤は?と聞かれたらほとんどの人がリアップと答えるぐらい有名です。またCMで「日本で唯一発毛が認められた育毛剤です」と豪語しています。

確かに有名だけど、本当に髪の毛生えるの?

ミノキシジルは医薬ですのでリアップは医薬品になります。ということは発毛が期待できる育毛剤と言えますし、ここまで売れているのも発毛する可能性が高いからでしょう。

医薬成分であるミノキシジルは他の育毛剤には入っていないので差別化ができていることも売れいている要因として考えられます。

しかしながら効果があるということは副作用もあるということです。
こちらが副作用の可能性がある症状です。

副作用
副作用の症状の種類…意外と多いんだな…。
成分が強い分、副作用になる可能性も一番高いのです。

次に副作用が起こる割合の実験結果です。

副作用の割合
9%弱か…そこまで高くないかな?
副作用だけみたらそこまで割合は高くないですよね。では発毛結果も一緒にみるとどうでしょう。

試験結果

これはミノキシジルを52週にわたって使い、その満足度をグラフにまとめたものです。実はとても満足したという人の割合は全体の1割しかいないんです。

またミノキシジルは使い続けないと元の状態に戻ってしまうという報告も多く、AGAで処方される薬と同じように、体の体質が変わって髪の毛が生えてくるということは少ないといわれています。

副作用の可能性約9%、
満足する効果が得られる可能性約10%。

この数字を知ったうえで使うかどうかの判断をすることが大切です。



ドラッグストアに売っている育毛剤は信じていいの?

まずいえることはドラッグストアに売っているから効果がある育毛剤ではないということです。当たり前の話ですが、売れる可能性が高い商品を店頭に並べる傾向にあります。

だから大手企業から出ている育毛剤が多いんです。

反対にネット上で評判になっているような育毛剤はほとんど扱っていないのが現状です。(チャップアップやフィンジアなどは扱っていない)例え、扱ったとしても知名度のある商品の方が売れるので今後も置かれるようなことはないでしょう。

ドラッグストアにある育毛剤の特徴

・有名企業の商品がほとんど
・成分が強く副作用の可能性があるものも多い
・発毛などの効果が出ている人は多くない

では何を基準に選んだらいいのか?

育毛剤を使用する上で難しいのは使ってみないと効果があるかどうかが分からないという点です。ですから期間を決めて試してみるしかないのです!

6ヶ月ぐらい使って効果がなかったら厳しいといわれていますので、少なくとも3ヶ月ぐらいの使用は必須だといわれています。

継続しなくちゃ分からないのが難しいところだよね…
使ってみないと分からないのはありますが、しっかり成分を確認しておくことは重要です!

例えば、チャップアップとBUBKAに使われている成分はほとんど同じものです。だからチャップアップを使って、効果がないからBUBKAを使っても期待できる効果は低いといわれています。

『主要な成分をしっかりと把握をしておいて、効果がなかったら変える』ということが大切になってきます。新しい成分もどんどん開発されているので、主要な成分は押さえておく必要があります。

成分の詳しい解説はコチラ >

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP