育毛剤ナビホーム > フィンジア(finjia) > 育毛剤の「医薬品と医薬部外品」で効果違うの?副作用とか安全性は?

育毛剤の「医薬品と医薬部外品」で効果違うの?副作用とか安全性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
育毛剤コラム「育毛剤の「医薬品と医薬部外品」で効果違うの?副作用とか安全性は?」|イメージ画像

「医薬品」「医薬部外品」ってよく使われる用語ですが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?

医薬品の方が効果が高いのか…今回はそんな疑問を解消していきましょう。

育毛剤を選ぶ前に知っておきたいポイントを解説します!


育毛剤の医薬品って?

まずは医薬品の定義を見ていきましょう。法律では以下のように定義されています。

「医薬品」とは、次に掲げる物をいう。
一、日本薬局方に収められている物。
二、人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物で あって、機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品(以下「機械器具等」という。)でな いもの(医薬部外品を除く)。
三、人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、 機械器具等でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く。) 引用:医薬品等適正広告基準の解説及び留意事項等
文章で読むと難しい…
要約すると、配合されている成分がしっかりと効果を出せるということが国に認められているものが医薬品。

有効成分が病気の治療・予防に役に立つことが証明されているものが医薬品…というわけです。

育毛剤で言うと、病院で診察を受けたあとにもらう薬は医薬品であることがほとんどです。薬局にも医薬品が置いてあることがあります。
有名な商品でいうと、「リアップX5」は医薬品の育毛剤です。

テレビのコマーシャルなどで「用法・容量を守って正しくお使いください」という注意が流れることがありますよね?あれが流れるのは医薬品だという証拠。

医薬品は効果も高いですが、使う量を守らないと副作用が出るようなナイーブなものなのです。

なるほど~!成分が強くて効果が出る可能性が高いものが医薬品なんだね!
そうです!医薬品は効果が出るかわりに副作用の可能性もあるということをしっかり理解しておいてください。

育毛剤の医薬部外品って?

医薬部外品は、医薬品ではありませんが「それに準ずるもの」という定義があります。

病気やケガの治療において使われるものではなく、あくまで予防を前提につくられたものが医薬部外品にあたります。効果に関しては誰にでもまんべんなく現れるものではなく、「効果が期待できる」といった程度のものが医薬部外品です。

育毛剤はほとんどがこの医薬部外品に該当します。

すでになってしまった薄毛をどうにかして治す、というよりも「これから毛を少しでも抜けなくする」といった予防に焦点を置いたアイテムが多いのが育毛剤の特徴になってきます。
そもそも薄毛やハゲは病気ではないので、これは必然的なことと言えるでしょう。

また、医薬部外品は副作用が起こる可能性が医薬品と比べると低くなっているのが特徴です。体に負担をかけないで、育毛剤を使っていきたい方には医薬部外品の商品の方がオススメできると言えます。

安全性で選ぶなら医薬部外品の方がオススメできます!

医薬品と医薬部外品…効果の違いはあるの?

実は育毛剤に関しては、医薬品として販売されているものは本当にごくわずか…少数のアイテムに限られます。

医薬品は育毛というよりは「発毛」するために開発されたもの

ただそれらも100%効果を発揮してくれるかというと、断言はできません。

一応「発毛剤」として国に認められているのはプロペシアやリアップなどで、これらは医薬品として認められていますが、「使えば絶対に髪の毛が生えてくる」とは言い切れない部分があるのです。

医薬部外品はあくまで「育毛」剤なので、前述したように髪の毛をフサフサにするのではなく今ある髪の毛を守るようなアイテムとなっています。ですからハゲている人が育毛剤を使ったところで、頭髪が元通りになるということはありえないということを知っておいてください。

髪の毛を生やす手伝いをするのが医薬品。髪の毛を抜けにくくするのが医薬部外品。

意外と多い医薬品の副作用

ここまで読んでくれた方には、「髪の毛がフサフサになる可能性があるなら、医薬品を使った方が絶対にいいじゃん!」と思われそうですね。

しかし医薬品の効果が100%ではないことはすでに言及しました、そして医薬品には「副作用」が伴いますのでそういった点では使用する上で危険が常につきまといます。

医薬品の育毛剤を使って頭皮にかゆみやかぶれが起こってしまったという人も少なくありませんし、お腹に不快感を感じたり性欲が減退してしまうというのも有名な副作用として知られています。

医薬部外品にも副作用がないわけではありませんが、医薬品よりはずっと少ないです。効果はゆるやかで確実性には欠ける部分がある医薬部外品ですが、体を蝕む可能性は低いので安心して使えるというメリットもあります。

どちらにもメリットデメリットはあるので何を重視するかがとっても大切になってきます。どんな副作用が起こるかはネットの情報を信用するよりは実際に使った人の感想を確認するのが一番です。

・リアップX5プラス

リアップ
使うのを止めると元の姿に戻るなんて悲しすぎる…

どんな基準で育毛剤を選んだらいいのか?

「とにかく髪の毛を増やしたい!頭皮がスカスカになっているのをなんとかしたい!」という方は、育毛剤を使っていてもさほどいい効果は出ないので医薬品の育毛剤を使うようにしてください。

副作用の心配はありますが、医薬部外品の育毛剤に比べたら効果がでる可能性は高いです。

しかし、絶対に髪の毛が生えてくるという太鼓判を押された商品ではない、ということはしっかり認識しておきましょう。

実際使ってみた方の口コミを見ても、「ハゲが治った!」と声高に医薬品を賞賛しているコメントは少ないのが現状です。残念ですが、効果があればいいな~くらいに思っていた方が精神的なダメージが少ないかもしれません。

医薬品でも全員に効果があるわけではないのか…

医薬部外品の育毛剤の数は年々増えてきています。配合されている成分もすべての人に育毛効果をもたらすというわけではなく、あくまで頭皮や体との相性といったものが重要になってくるのです。

ですから、どんな成分が入っているかを確認しつつ、期間を決めることが大切になってきます。人によって効果が出る期間が違うので最低でも3ヶ月は続けないとなかなか変化がないといわれています。

医薬品、医薬部外品合わせた中で評判が良い育毛剤はこちら!

【オススメの育毛剤】

◆フィンジア(finjia)

オススメの育毛シャンプー

・今、最も注目されている人気急上昇中の育毛剤
・キャピキシル・ピディオキシジル配合!
・カプサイシン配合



◆ポリピュアEX

オススメの育毛シャンプー2

・累計350万本売れている育毛剤
・モンドセレクション6年連続受賞
・無香料・無着色

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP